■今話題の低速ジューサー、高速ジューサーとは何が違う?

 

・ 低速ジューサーと高速ジューサーの大きな違いは?
・ 注目されている理由はどこ?

 

 

健康志向の方、特に海外セレブなどにもとても注目されているのが低速ジューサーです。
最近ではかなり多くの種類が取り扱われていますよね?

 

 

でもこの低速ジューサーは今までのジューサーと何が違うのでしょうか。

 

 

一応調べてみると素材を加工する速度が違う、ということがわかりました。
でも低速で素材を加工することがそれほど体にいいのでしょうか・・・

 

 

実際に利用している方も多く、注目されているアイテムではあるのですが、その注目を
されているポイントをよく把握できませんでした。

 

 

そこでまずはもっと詳しく低速ジューサーと高速ジューサーの違いを調べてみます。

 

 

それぞれにメリットとデメリットが有り、特に低速ジューサーのメリットが多くの方に
注目されている原因だと思います。

 

 

口コミなどを調べてそれぞれの特徴を確認してみます。

 

 

■高速ジューサー、低速ジューサー、それぞれのメリットデメリット

 

・ 低速で加工するメリットとデメリットは?
・ 高速で加工する場合のメリットとデメリットも確認

 

 

まずは従来のジューザーを利用した場合のメリットとデメリットをそれぞれ
確認してみます。

 

 

従来のジューサーは高速で回転する刃で食材を切り刻みながら細かくすることが出来る。
高速で細かくできるので大量の食材を一度にジュースにすることができます。

 

 

高速回転で食材のカスを飛ばすのでジュース自体が酸化しやすく、中でも酵素が
分解されてしまうというデメリットがあります。

 

 

その一方で素早くジュースを作ることができて本体価格も安いというメリットがあります。

 

 

低速ジューサーは食材をゆっくりとすりつぶしながらジュースにする機械です。
その為に一度に大量の食材を加工することができません。

 

 

ただしゆっくりとすりつぶすイメージでジュースにするので食材に含まれている栄養素を
壊すことなくジュースに出来るというメリットがあります。

 

 

ただし機械も大きく、最新の家電なのでかなり本体料金が高くなっています。
初期コストがかなり掛かるのは大きなデメリットに感じます。

 

 

簡単にそれぞれの特徴を見てみましたが、もう少し詳しくそれぞれのメリットや
デメリットを確認してみましょう。

 

 

■高速ジューサーの特徴とは?

 

・ 従来のジューサーなので使い方も簡単でわかりやすい
・ 食材によってはジュースが分離してしまう

 

 

まずは高速ジューザーの特徴をもう一度確認してみます。
従来のミキサー・ジューサーが高速ジューサーと言われるものですね。

 

 

高速でブレードを回転させて切り刻みながら食材をジュースにしていきます。
絞らないのでほとんど食材のカスが出ず、出た場合もジュースに混ざっています。

 

 

その為に時間が経ったジュースは分離している、ということも多くあります。
更に切り刻んでいるので酵素などの栄養分が失われる可能性もあります。

 

 

ただし食材を切り刻むのでカスが出ずに利用後のお手入れが楽ちんです。

 

 

本体自体も安くて購入しやすく、使った後は洗うだけで後片付けも簡単。
手軽に使うにはオススメできるのが高速ジューサーです。

 

 

大きなデメリットとしては高速回転させるためのモーターがあるので
利用している間はそのモーター音がしています。

 

 

商品によってはかなりうるさいので利用する時間帯も気をつけましょう。

 

 

■低速ジューサーの特徴とは?

 

・ 低速で食材を絞るので食材の栄養素を豊富にジュースにすることが出来る
・ 絞りカスが出るので使った後の手入れや掃除が大変

 

 

次に今注目の低速ジューサーの特徴を調べてみます。
こちらのメリットは食材の栄養素を豊富に取ることが出来るジュースができることです。

 

 

注目のポイントになっているのがこの栄養豊富なジュースを作ることが出来る、という
ポイントなのです。

 

 

ゆっくりと回転させながら食材を絞ってジュースにするので食材に含まれている栄養素を
壊すことなくジュースにすることができます。

 

 

食材に含まれている酵素など、空気に触れることで壊れやすくなる栄養分もきちんと
ジュースにすることが出来るのが大きなメリットと言われています!

 

 

その一方で一度に利用できる食材の量が少ないというデメリットが有ります。

 

 

ゆっくりと絞るので高速ジューサーのように一度に大量の食材を加工することができず
機材によっては食材を事前にカットしておくなど下準備も必要です。

 

 

それに当然ですが絞りカスが出ますので使った後には絞りカスを掃除する必要があります。

 

 

ジュースを作った後にかなりの手間がかかるのが最大のデメリットのようですね。

 

■低速だからできるまで結構時間がかかる?

 

・ ジューサーによって速度は違う
・ 高速ジューザーに比べると時間はかかる

 

 

低速ジューサーの特徴はわかりました。
では素朴な疑問として低速ジューサーはやっぱりジュースが出来るのが遅い?

 

 

低速でゆっくりと食材をすりつぶして絞るのが低速ジューサーです。
当然高速ジューサーのようにすぐにジュースを作るのは難しいようです・・・

 

 

でも低速ジューサーの機材によってはかなりスムーズに食材を絞ることができます。
使う機材によってスピードは大キック変わりそうですね。

 

 

色々と調べてみるとニンジン1本のジュースを作るのに低速ジューサーでは
3分から4分の時間がかかるそうです。

 

 

この時間を遅いと見るか早いと思うかは人によりますが・・・
高速ジューサーに比べるとやはりかなり遅いという印象があります。

 

 

やはりジュースが出来るまでの時間は高速ジューサーのほうが早く、低速ジューサーは
それなりの時間がかかるようです。

 

 

■栄養素が壊れないって、実験結果とかあるの?

 

・ 熱が発生しないので酵素が壊れない
・ 食物繊維は絞る段階で分断してしまうのでほとんど含まれない

 

 

食材の栄養素を壊さずにジュースにすることが出来ると評判の低速ジューサーですが
その根拠はどこにあるのでしょうか?

 

 

実験結果などでできたジュースに含まれる栄養素を確認した結果などを調べてみました。

 

 

酵素に関しては絞っている途中で熱が加わらないことから酵素の破壊がなく、ジュースに
十分に含まれることが確認されていました。

 

 

高速ジューサーの場合はブレードの回転と食材の接触で摩擦熱が発生して酵素を
壊してしまうこともわかっています。

 

 

その一方で低速ジューサーにも含まれない栄養素があります。
それが食物繊維です。

 

 

食物繊維は細かく切られても破壊されることなく体に入れることができます。
高速ミキサーで分断した食材の食物繊維も体に入れることができます。

 

 

でも低速ジューサーの場合は食材を絞ったりすりつぶしたりしているので食物繊維は
絞りカスの方に残ってしまっているのです。

 

 

その為に食物繊維を取りたい場合には低速ジューサーで作ったジュースでは
ほとんど含まれていないことになります。

 

 

ゆっくりと絞っているので熱に弱い栄養素もきちんと取ることが出来るのですが
絞っただけでは出てこない栄養素に関しては高速ジューサーのほうが取りやすいですね。

 

 

■取りたい栄養素を考えて使い分けると便利

 

・ 食物繊維を摂るためには食材をそのまま利用する高速ジューサーがおすすめ
・ 栄養補給を考えるなら低速ジューサーがおすすめ

 

 

低速ジューサーにも補給できない栄養素がありました。
つまり高速ジューサーと低速ジューサーはどちらも一長一短があるということです。

 

 

体に必要な栄養素として酵素を取りたい場合には低速ジューサーがおすすめです。
一方で便秘の解消など食物繊維を取りたい場合は高速ジューサーがおすすめです。

 

 

それぞれのジューサーで得意な食材や取ることが出来る栄養素が変わっているのです。
その為に自分に必要な栄養素を把握して使い分けることも必要になります。

 

 

ただし栄養補給をする、という視点で考えると実は低速ジューサーのほうがおすすめです。
それは上記の食物繊維にも関係してくることです。

 

 

食材の栄養素は絞ったほうが壊れることなく補給できる、というわけではなく絞ると
熱や酸化などに影響されにくいというメリットがあります。

 

 

特にゆっくりの絞るために熱に弱い栄養素を壊すことなくジュースに入れることが出来る
しかもその栄養素を吸収しやすくなるのがメリットです。

 

 

栄養素は食物繊維と別に体に入れることで吸収力を高めることが出来るのです。
つまり低速ジューサーで絞ったジュースの栄養素は体に吸収しやすくなります。

 

 

食物繊維を吸収することはほとんどできませんが、その一方で他の栄養素の吸収を
効率よく出来るようになるというメリットもあります。

 

 

■バリエーションを楽しむなら高速ジューサー

 

・ 水分量の少ない食材は低速ジューサーでは絞りにくい
・ 高速ミキサーなら色々なバリエーションのスムージーを楽しむことが出来る

 

 

栄養補給には効果的な低速ジューサーですが、すべての食材で簡単に利用できる
というわけではありません。

 

 

ゆっくりと絞ってジュースにするので水分の少ない食材はあまり得意とは言えません。
どうしても利用できる食材が偏ってしまいがちになります・・・

 

 

その点では高速ジューサーのほうが色々な食材を使えるのでバリエーション豊富な
スムージーを作ることが出来るようになります。

 

 

高性能の低速ジューサーで絞った場合には皮と身の間にある栄養素まで絞ることが出来る
と言われていますが、その一方で使える食材が限られてしまいます。

 

 

栄養補給には効果的ですが続けるためには工夫も必要になりそうですね。

 

■酵素も壊れないって、本当?

 

・ 酵素は温度の変化に弱く高い温度になると壊れる可能性が高くなる
・ 酵素の他にも温度変化に弱い栄養素はある

 

 

低速ジューサーでは酵素が壊れないと言われていますが、それは本当でしょうか?
何故低速ジューサーでは壊れること無くジュースに出来るのでしょうか。

 

 

元々酵素は熱にとても弱いという性質を持っています。
通常でも42度から70度位の温度で壊れてしまうのです。

 

 

高速ジューサーの場合はブレードを高速回転させる時に50度位の熱を発散するので
この摩擦熱で酵素が壊れてしまうと言われています。

 

 

その点では低速ジューサーの場合、1分間に80回展程度のゆっくりとした回転数で
食材をすりつぶすので余分な摩擦熱を発すること無く食材の栄養素を絞れるのです。

 

 

高速ジューサーの場合は1分間に4,000から12,000回転とかなりの高速で回ります。
当然摩擦熱も高くなるというわけですね。

 

 

更に食材によってはこうその他にも熱に弱い栄養素を含んでいます。
ビタミンB1やビタミンCも熱に弱い栄養素です。

 

 

これらが含まれている食材の場合には低速ジューサーのほうがより多くの栄養を
ジュースに入れることが出来ると言われています。

 

 

ただし通常高速ジューサーでも摩擦熱は50度程度、しかも長時間の利用をしなければ
それほど影響はないとも考えられています。

 

 

低速ジューサーのほうが栄養素を壊しにくいために栄養補給がしやすい、というのが
最近の一般的な意見のようです。

 

 

■酵素ドリンクと低速ジューサー、コスパ的にはどちらがよい?

 

・ 置き換えダイエットに使うなら酵素ドリンクのほうが安い
・ 低速ジューサーは初期投資とランニングコストを考える

 

 

酵素を補給する、と考えると酵素ドリンクの利用がおもいつきます。
実際に酵素を補給するだけなら酵素ドリンクを使ってもいいのでは無いでしょうか?

 

 

そこで酵素ドリンクと低速ジューサーをコストパフォーマンスの面で比較してみます。
どちらのほうがコスパに優れた健康法になるのでしょうか。

 

 

酵素ドリンクには色々な種類があり値段もかなり変わってきます。
平均的な金額の酵素ドリンクなら7,000円位、これで1ヶ月利用できると考えてみます。

 

 

1日約240円程度、コーヒー1杯分くらいの金額で酵素補給が出来る計算です。

 

 

一方の低速ジューサーの場合はまずジューサー購入のコストがかかります。
安いものもありますが、平均すると3万円前後の出費が必要です。

 

 

これにジュースにする食材の代金がかかります。
置き換えダイエットとして食事の代わりに飲むつもりならそれなりの量が必要ですね・・・

 

 

数種類の野菜を絞ると考えると1日約200円程度のランニングコストがかかります。
初期投資が必要な分だけ酵素ドリンクのほうがコスパ的にはお得になります。

 

 

低速ジューサーの購入金額を考えないならどちらも同じような金額で酵素の補給を
することが出来る、という状況です。

 

 

■低速ジューサーはお得にならない?

 

・ コールドプレスジュースを購入しているならジューサーの購入がおすすめ
・ 毎日の栄養補給ならジューサー購入もあり

 

 

酵素ドリンクと比べてもそれほどお得になる印象がないのが低速ジューサーでした。
では低速ジューサー購入はお得にはならないのでしょうか?

 

 

実は低速ジューサーで作ったジュースを店舗で購入する場合はかなり高い金額が
必要になるのです!

 

 

欧米諸国のセレブが利用していると話題になったコールドプレスジュースを作るのが
低速ジューサーです。

 

 

このコールドプレスジュースを店舗で購入すると1杯1,500円位の金額なのです!

 

 

しかもコールドプレスジュースは保存が殆どできないためにまとめて購入できるのは
1日分の2.4リットルくらいです。

 

 

これでも安くなって9,000円とコスパがとても悪いドリンクとなっています。
それを考えるとジューサーを購入して自宅で作るほうがかなり安くなりますよね?

 

 

つまり置き換えダイエットのように毎日の食事の代わりに飲むためにはコストが
厳しいのですが、栄養補給のために店舗で購入するならジューサー購入の方が安いです。

 

 

よくコールドプレスジュースを購入するという方にはジューサー購入がおすすめです。

 

 

■美味しく栄養補給がした方には低速ジューサーがおすすめ

 

・ 酵素ドリンクのような独特の風味は少ない
・ 栄養補給の面では酵素ドリンクと同じ使い方ができる

 

 

コスパで考えるなら酵素ドリンクのほうが安くなります。
でも酵素ドリンクの独特な風味が苦手、という方も多いと思います。

 

 

そんな方には同じような栄養補給ができて、食材の味をそのまま味わうことが出来る
低速ジューサーで作ったジュースのほうがオススメできます。

 

 

食材の栄養素を補給する、という意味では酵素ドリンクと同じように食材の栄養素を
そのまま体内に吸収させることが出来る魅力があります。

 

 

しかも発酵させていないのでとても飲みやすく植物酵素も十分に補給できます!

 

 

食事で取りにくい栄養素の補給をする、という使い方なら酵素ドリンクと変わらず
きちんと栄養補給が出来るのも魅力です。

 

 

自分でジュースを作るという手間がかかりますが、栄養補給にはおすすめです。

 

■絞りカスはどうしたらよい?

 

・ 絞りカスの中にも食物繊維が含まれている
・ 料理に使うことで無駄なく補給ができる

 

 

低速ジューサーを使ってジュースを作る時にとても気になるのが残る絞りカスですよね?
これはそのまま捨ててしまってもいいのでしょうか・・・

 

 

低速ジューサーの評判などを見ると多くの肩書にしているのがこの絞りカスです。
これをそのまま捨ててしまうのは少しもったいない気もします。

 

 

この絞りカスの中には豊富に食物繊維が含まれています。
低速ジューサーの場合、不溶性食物繊維は食材の方に残ったままになります。

 

 

つまりこの絞りカスは食物繊維の塊なのです!

 

 

食物繊維といえば整腸効果を高める効果が有名です。
それなら絞りカスを食べることができれば便秘の解消にも効果が期待できますよね?

 

 

ただ絞りカスなので味はほとんど無く、そのまま食べるのはちょっと・・・
そこでこの絞りカスを使った料理を作ってみてはいかがでしょうか。

 

 

実際に絞りカスをもったいないと思っている方も多く、色々な料理に利用してそれを
インターネット上で公開している方が多くいました。

 

 

大手の料理レシピサイトでも絞りカス料理で検索することが出来るほどです。

 

 

ただし絞りカスに含まれているのは不溶性食物繊維です。
水溶性食物繊維とバランスよく取らないと整腸効果には期待できません。

 

 

不溶性食物繊維は胃に係る負担も大きいのでとりすぎには注意しましょう。

 

 

■パナソニックのビタミンサーバーが気になる。悪い口コミ、よい口コミ一覧

 

・ 素材を絞ることが出来る効率は良い
・ パーツ数が多く組み立てや後始末が面倒

 

 

それでは実際に低速ジューサーを使っている人の意見を見てみましょう。
今夏はちょっと気になっているパナソニックのビタミンサーバーです。

 

 

かなり小型になった低速ジューサーで値段も2万円から2.5万円と手頃な金額。

 

 

日本製の低速ジューサーの口コミ評価を調べてみました。
まずいい口コミ評価ではジュースにする効率の良さに評価が集まっています。

 

 

食材を入れてそれがどれ位のジュースになるのか。
りんごで測ってみたところ75%という効率の良さがとてもいいという口コミでした。

 

 

水分の少ない野菜でもかなり効率よくジュースを作ることができるので食材購入の
ランニングコストを減らすことが出来ると評価されていました。

 

 

悪い口コミではパーツ数が多く、組み立てと手入れが面倒という意見が多くあります。
実際に洗う時に分離するとパーツが8個になります。

 

 

使うたびにこのパーツを洗って組み立てるのが面倒という意見が多く見られました。

 

 

それぞれの口コミをさらに詳しく確認してみましょう。

 

 

■ビタミンサーバーのいい口コミは?

 

・ ジュースを作りやすく使いやすい
・ コンパクトで使いやすい

 

 

まず食材からたくさんのジュースを作ることが出来る効率の良さは多くの方から
評価をされていました。

 

 

使いやすくたくさんのジュースを作ることが出来ると口コミでも評判です。

 

 

更に本体もコンパクトで使っている時にキッチンでじゃまにならないというのも
評価が上がるポイントのようです。

 

 

実際に利用している時の音もあまり感じず、高速ジューサーに比べるととても静かと
多くの方が実感できていました。

 

 

金額に関しては高級品の4万円クラスよりかは手頃ですが、調理家電としては高めの
2万円以上という金額なので評価が別れるところです。

 

 

細かなところではジュースとカスの排出口が別々になっているのも評価されています。
他の製品ではカスを本体に貯めるので手入れが面倒になるという意見もありました。

 

 

ジュースをいっぱい作ることが出来る、というのがとても大きな魅力のようですね。

 

 

■ビタミンサーバーの悪い口コミは?

 

・ 掃除がとても面倒くさい
・ パーツ数が多いので洗った後の置き場に困る

 

 

では次に悪い口コミも確認してみましょう。
やはり多いのは使った後の洗浄と手入れ、後片付けについての評価です。

 

 

本体自体はコンパクトなのですが、パーツ数が多くそれらを洗う手間がかかると
こちらも多くの方が評価していました。

 

 

最初に使うときにも当然組み立てが必要ですが、これでかなり迷った方もいて
人によっては組み立てるのがかなり難しい可能性も・・・

 

 

それに使った後にはきちんと洗うことが必要です。
数多くの部品を洗うことになるのでその手間もかかることになります。

 

 

洗った後のパーツを置いておくスペースが無く、食器の水切りをビタミンサーバーの
パーツで占領されてしまったという意見もありました。

 

 

低速ジューサーの欠点としてはやはり後片付けの手間があります。
パーツ数の多いビタミンサーバーはここの手間に悪い評価が集まったように感じました。

 

 

他の低速ジューサーに比べるとジュースにカスが混ざってしまうことが多いという
意見を見ることも出来ます。

 

 

全体的には手入れや後片付けが他よりも面倒くさいという意見のようです。

 

■SHARP ヘルシオジュースプレッソ スロージューサーが気になる。悪い口コミ、よい口コミ一覧

 

・ 手入れが簡単、使った後の掃除も楽
・ 大きいので収納に困る、ジュースにカスが混ざる

 

 

もう一つ気になる低速ジューサーがあります。
それがSHARPのヘルシオジュースプレッソ スロージューサーという書品です。

 

 

こちらの低速ジューサーの口コミ評価も簡単に調べてみます。

 

 

いい口コミ評価としては手入れが簡単で後片付けが他の低速ジューサーよりも楽
という評価が多く見られました。

 

 

利用後に洗うパーツが少なく、食洗機に対応していることもあって利用後のお手入れは
とても簡単という評判でした。

 

 

ただしフィルターの目詰りを防止するためにはブラシできちんと洗う必要があります。

 

 

一報の悪い口コミではジュースにカスが混ざってしまうという意見が多く見られました。
絞りカスを完全に分離することができずにジュースにも混ざってしまうそうです。

 

 

カスが混ざることで口当たりがかなり悪くなるのでそこが気になる方が多くいました。

 

 

しかも絞りカスがかなり多く、しかも水分が残っている場合があるのでもう一度カスを
ジューサーに入れて絞り直すという方もいました・・・

 

 

ジュースが美味しいという方もいるので性能面で評価がわかれるのがちょっと心配な
低速ジューサーという印象です。

 

 

■ヒューロムのスロージューサー、1万円台と3万円台は何が違う?

 

・ 3万円台のほうがやはり高性能
・ 細かいところが気にならなければ1万円台でも十分

 

 

色々と低速ジューサーを調べているとちょっと気になる商品を見つけました。
それがヒューロムという会社の低速ジューサーです。

 

 

あまりサイズが変わらないのですが、商品価格が3万円台と1万円台という本体が
販売されていました。

 

 

同じ会社の2つの低速ジューサーはどのように違うのでしょうか?

 

 

調べてみるとやはり基本性能が違い、金額が高いほうが優れているようです。
同じ量の食材を絞った時の搾汁量は当然金額の高いほうが多くなります。

 

 

しかも絞りカスの量も少なく、効率よくジュースを作ることが出来るのは
金額の高い方という結果が出ていました。

 

 

この他にも作動している時の騒音の音量も高額のほうが小さくなっています。
自動洗浄機能など手軽に使える機能も低価格のものには付いていません・・・

 

 

本体サイズはほとんど変わらないので付いている機能や性能で違いがある。

 

 

逆に言うとこれらのことが気にならない方は金額が安いほうがお得になります。
ただしお手入れに関しては手軽に出来る方がおすすめしやすいですね。

 

 

■低速ジューサーは何を基準に選ぶ?

 

・ ジュースを作る性能で選ぶ
・ 後片付けが楽なもので選ぶ

 

 

低速ジューサーの魅力は色々な食材を豊富な栄養素を含んだままでジュースに出来る。
これが一番の魅力だと思います。

 

 

店舗で購入するとかなり高額なジュースですが、自分で作ればそれほどコストをかけずに
美味しいジュースをいつでも飲むことが出来るようになります。

 

 

ではその低速ジューサーを選ぶときの基準はどんなものなのでしょうか?

 

 

口コミの評価を見てみると出来上がるジュースに対する評価で決めている方が多く
絞る効率などで決めた、という方もいました。

 

 

もう一つ重要な要素があります。
それは後片付けが簡単にできる、ということなのです。

 

 

実際に口コミ評価を調べていると使った後に洗うパーツが多い商品ではそのことが
悪い評価としてカウントされています。

 

 

食洗機に対応している商品ではいい評価に、自動洗浄機能もいい評価でした。
この様に使った後の掃除は多くの方が大変と感じているようです。

 

 

その他には細かいことですが本体の大きさや駆動時の騒音なども評価の対象でした。
実際に使っている人たちはこの辺りが気になっているようですね。

 

 

■続けて利用するならお手入れの楽な商品がおすすめ

 

・ 掃除が大変だと長く続かなくなる可能性も
・ 高性能な低速ジューサーには自動洗浄機能もあり

 

 

せっかく美味しいジュースを自宅で作ることが出来るのだから、出来る限り
長く使い続けることが体にもいいことだと思います。

 

 

でも低速ジューサーの場合は食材を絞る、という性能のために使った後の掃除が
とても大変という印象が強いです。

 

 

実際に絞りカスの掃除が大変で使うのをやめてしまったという口コミも・・・

 

 

続けて利用するためには後片付けが楽な商品を選ぶことが重要なようです。
実際に高い低速ジューサーには自動洗浄機能が付いているものもありました。

 

 

それに分解して洗う場合にも分解するパーツ数が少ない、パーツを食洗機に
入れることが出来るなど手間が省ける商品は高評価となっていました。

 

 

続けて使うためにはお手入れの手軽な商品がオススメできます。

 

■後片付けが簡単なスロージューサーは?

 

・ 口コミ評価をさらに詳しく確認してみる
・ 掃除が簡単にできるのも高評価

 

 

では実際にどんな低速ジューサーが後片付けが楽なのでしょうか?
更に口コミ評価をきちんと確認してみます。

 

 

取り外しのパーツ数が少ないSHARPのヘルシオジュースプレッソは色々なところで
後片付けが簡単と評価されていました。

 

 

それに自動洗浄機能のあるヒューロムのスロージューサーH2Hも手入れに関しては
かなり簡単とこちらも高評価を受けていました。

 

 

ちなみに口コミで多かったのは洗いやすさはたて型のジューサーよりも横に置く
横置きジューサーのほうが楽、という意見でした。

 

 

横置きのものは場合によってかなり高額になりますが、使いやすさではとても
人気がある商品のようですね。

 

 

それともう一つ専用のフィルター掃除用具がセットで付いてくる低速ジューサーも
かなりの評価を獲得していました。

 

 

それがクビンスの低速ジューサーです。
商品によってはかなり大きな本体になりますが後片付けが簡単にできると評判です。

 

 

このクビンスの低速ジューサーを詳しく調べてみましょう。

 

 

■食材をまるごと入れられるクビンスホールスロージューサーはどのくらい時間がかかる?

 

・ 食材によって違うが数分で出来る
・ スクリューが大きいので時間短縮が可能

 

 

私が気になったのは食材をまるごと入れることが出来るホールスロージューサーです。
食材の投入口が他の低速ジューサーよりもかなり大きいことが特徴となっています。

 

 

ニンジンはまるごと投入できるほど大きな口なので食材をカットしておくなどの手間が
かからないというメリットが有ります。

 

 

でも食材をまるごと入れるとやはりジュースにするには時間がかかるのでしょうか?

 

 

実際に絞っている動画を探してみたところ、りんごを絞った動画では1/4サイズを
絞るのに30秒というかなり短時間となっています。

 

 

大量の食材を入れても時間をかけずにジュースに出来るようにスクリューを
大きくしているのがホールスロージューサーの特徴のようですね。

 

 

スクリューが大きいために一度に絞ることが出来る食材の量が多く、ジュースにする
時間を短縮することができるそうです。

 

 

それにホールスロージューサーでは使った後に水を入れてカラ回しするだけで
内部まで洗うことが出来るのも魅力のようです。

 

 

時間をかけずにジュースを簡単に作ることが出来ると評価も高い低速ジューサーでした。

 

 

■クビンスホールスロージューサーの悪い評価は?

 

・ サイズが大きい、使う時も収納も大変
・ 値段が高い

 

 

かなり評価の高いホールスロージューサーですが悪い口コミもあるのでしょうか?
調べてみるとそのサイズに困っている方も多くいました。

 

 

投入口が大きくたくさんの食材を一度に入れることができるので高さが結構あります。
その為に収納する場所に困る方が多く見られました。

 

 

使う場合にもコンパクトな日本製品に比べるとかなり大きく、重量もあります。
でも出しっぱなしにするスペースもない、というのが悪く評価でした。

 

 

更に他の製品よりも多少高く、購入しにくいのも評価を下げています。
性能自体はいいのですが、それに伴った料金が必要なのはやはり厳しいようですね。

 

 

駆動音にはそれほど悪い評価がなかったので使っている時にはあまり気になることは
無いようですが、とにかく大きく高いという印象が強い低速ジューサーです。

 

 

台所など利用する場所のスペースをしっかりと確保してから購入をしましょう。

 

 

■低速ジューサーを使い続けるためには、まず手入れが簡単なことが必要

 

・ 洗いやすさはとにかく重要、続けるためにはここを重視
・ カットせずに投入できるなど手間がかからないことも大事

 

 

実際に低速ジューサーを使っている方の意見を聞いていると一番重視しているのが
やはり後片付けに関することでした。

 

 

自動洗浄機能があるものは当然人気も高く、その他には洗うパーツが少ない商品に
注目が集まっていました。

 

 

健康のために低速ジューサーを使い続けるなら、まず使いやすさをきちんと
見極めることが重要です!

 

 

使った後に洗うのが楽か、食材をカットしなくても投入できるか、ジュースが
出来るまでの時間がかからないかなどを重視して選ぶことがお勧めです。

 

 

これらの項目は「使いやすく、手間がかからずに使うことが出来るか?」に関係します。

 

 

やはり何かを面倒くさい、と感じてしまうとそれを続けることは難しくなります。
でも面倒に感じないことはあまり重視する必要もないと思います。

 

 

食材をカットするのも調理の一つだと思えば面倒に感じない方もいます。
重いジューサーを出し入れするのが面倒だと感じる方もいます。

 

 

自分にとって面倒だと感じることが少ない低速ジューサーを使えば長く使えて
健康のためにもなるのではないでしょうか。